プール水検査

スイミングスクール、スポーツジム、公営プールなど、「遊泳用プール」や「学校プール」では利用者が快適に衛生的にも問題なくプールに入れるように、水質検査の基準が定められています。また、 塩素系の消毒剤を使用するため、消毒副生成物(総トリハロメタン)も検査します。

弊社で行っている検査は以下です。
・遊泳用プールの衛生基準に基づく検査
・学校環境衛生の基準に基づく検査


平成19年5月時点 遊泳用プールの衛生基準(厚生労働省)
項目名 基準値
pH 5.8~8.6
濁度 2度以下
過マンガン酸カリウム消費量 12r/L以下
残留塩素 遊離残留塩素として0.4~1.0r、二酸化塩素により消毒を行う場合
二酸化塩素濃度0.1~0.4r/L亜塩素酸濃度1.2r/L以下
大腸菌 不検出
一般細菌 200CFU/ml以下
総トリハロメタン (暫定目標値)0.2r/L以下

平成21年4月時点 学校における水泳プールの基準(文部科学省)
項目名 基準値
pH 5.8~8.6
濁度 2度以下
遊離残留塩素 0.4~1.0r/L
有機物等(過マンガン酸カリウム消費量) 12r/L以下
総トリハロメタン 0.2r/L以下
大腸菌 不検出
一般細菌数 200CFU/ml以下