衛生検査

腸内細菌(検便)検査

腸内細菌検査は、症状が出ていない場合でも食中毒等の原因となる細菌を保有(保菌)している場合があるため、早期発見し、保菌者からの二次感染を未然に防止する意味で不可欠な検査です。
定期的に検査を行い、食中毒発生のリスクを低減させる安心安全な衛生管理が求められています。

 

ノロウイルス検査

主に、10月頃から流行がはじまり、12月~1月でピークを迎えます。食品からの汚染だけでなく人から人への感染も多く、集客施設などでは、感染予防に向けた万全な衛生管理が必要になってきます。

 

尿・ギョウ虫検査

健康診断として毎年定期的に行われている学童や園児等のぎょう虫検査および尿検査を行っております。