検便(腸内細菌検査)の定期検査は必要ですか?義務のある施設は?

毎月検査は必要ですか? ・学校給食の調理に従事する方は、毎月2回以上検査する必要があります(学校給食衛生管理基準)。 ・大量調理施設(食品製造施設など)は毎月検査する必要があります(大量調理マニュアルマニュアル)。 ※同一メニューを1回300食以上または1日750食以上を提供する調理施設に適用されます(2017年3月現在) ・その他、条例や保健所により検便が義務付けられている場合があります。自治体や管轄の保健所にご確認ください。...

【検査分野別】記事一覧

見学動画を公開しました。 検便(腸内細菌検査)の定期検査は必要ですか?義務のある施設は? 【検査分野別】記事一覧 容器キットや検体が届く日数 鶏のひき肉(ミンチ肉)のサルモネラ汚染にご注意ください。 検便検査「陽性者」の対応について(O157、サルモネラ、ノロウイルス) 腸内細菌検査(検便)はなぜ必要か?O157・サルモネラの危険性、陽性者対応 ノロウイルスの検査はどこでやるの?検査方法による感度の違いや使い分け、費用、検査所要日数について 腸内細菌検査とノロウイルス遺伝子検査のお申し込み...

山梨検査センターが温泉成分分析施設に登録されました。

この度、弊社の山梨検査センター(山梨県中央市流通団地1丁目6番1号)が平成29年2月24日付けで温泉成分分析施設に登録されましたので、ご報告いたします。温泉法第19条第3項の規定に基づく登録となります。 温泉法とは 温泉法は、温泉の保護や温泉の利用の適正のために制定されている法律です。 湧出する水を温泉として登録するには(温泉成分分析)...

レジオネラ対策

レジオネラという危険な菌 レジオネラ菌のコロニー写真 弊社のレジオネラの検査風景 レジオネラは国内で毎年60名近くが亡くなる危険な菌です。レジオネラ対策が不十分な施設(銭湯、スーパー銭湯、温泉施設、冷却塔など)で増殖しやすいのが特徴です。...