ちいさな発見イベントレポート

環境未来のイベント市民タイムス

2017年7月8日(土)、第2回「ちいさな発見」を開催しました。

「ちいさな発見」は、弊社が定期的に行っているイベントで、顕微鏡で身近な微生物や昆虫のミクロ構造を生で見てもらう企画です。

すぐそこに美しいミクロの世界が広がっていることに、子供も大人も毎回びっくり!

前回は400人以上の方に来場いただきました(前回のイベントレポートはこちら)。

今回の開催場所はTSUTAYA松本庄内店さん。長野県内でTSUTAYAを運営するシナノ・グループ様にご後援いただき、今回特設コーナーを作っていただきました。

イベント開催中、市民タイムスの記者の方に取材いただき、イベントの様子を7月11日付け市民タイムスに紹介していただきました。

 

それでは今回のイベントの様子をご紹介いたします。

 


今回は200名以上の方にご来場いただきました。

そしてほぼ全員の方に、動き回るクマムシの様子を見ていただくことができました。やはり一番人気はクマムシでした!


当日の朝に取ってきたコケから弊社社員がクマムシを探しています。

では、どんなクマムシが見れたかというと、、

こんなクマムシをコケから見つけることができました。


こんなのも。

このクマムシは体が少し緑がかっていて、丸々太っていました。小さい赤い目がちゃんと二つあって、かわいい。


ほかにも、青い蝶のりんぷんも見ることができました。「きれいー」とみなさんビックリのご様子。

 


当日、TSUTAYAさんがこんなかわいいチケットを用意してくださいました。ちいさな発見にちなんで「ちいさなよろこびクーポン」!


今回は、弊社社員手作りのプレゼントも用意。小学生以下の来場者に無料プレゼントしました。

ラミネートの中に丸く切り抜いたミクロの写真。3種類を用意。クマムシとアオミドロとちょうのりんぷん。

アオミドロはあまり人気がなかったかな~。

でも、クマムシとちょうのりんぷんは人気がありました。受け取って喜んでくれる子供の姿に、発案者H社員もほっこり。

 

以上、イベントレポートでした。次回もお楽しみに。


 

「ちいさな発見」とは

「ちいさな発見」は、定期的に弊社が行っている無料の科学体験イベントです。

倍率の高い顕微鏡を5台ほど用意し、道端のコケにいるクマムシ、ヨーグルトの中の乳酸菌、ちょうのりんぷん、トンボの羽など、身近な微生物や昆虫のミクロ構造を生で見ることができます。第1回目は400人以上の来場者!(その様子はこちら)ご好評をいただきました。

毎回、入場は無料です。対象は5歳以上としていますが、5歳以下でもご来場いただいて構いません。顕微鏡を覗くのは少し早いかもしれませんが、ミクロ写真の展示など楽しんでいただけると思います。

*小さなお子様は保護者同伴でお願いいたします。

※次回の開催時期などは弊社までお問い合わせください。

 

【第2回ちいさな発見の開催情報】
日時:2017年7月8日(土)12:00〜17:00
費用:入場無料
場所:TSUTAYA松本庄内店 特設コーナー