排水・下水検査

工場排水、下水道水などを排出することは必ず何らかの法的規制の対象となるため、排水などの処理に関しては対象となる規制に基づき、環境汚染の原因とならないよう注意する必要があります。
排水の分析はJIS、下水試験方法、水質汚濁防止法などによって定められた方法により分析し、排出基準に照らし合わせてその良否が判断されます。

また都道府県が条例により、より厳しい基準を独自に決めることが許されており、いわゆる上乗せ基準として定められている場合もあります。さらに排水の排出源となる企業の業種により、異なる基準値が決められている場合もあり、どこの河川に排出するかによって基準値が異なる場合もあります。

当社では各種規制に基づき私たちの生活や産業活動により発生する工場排水、下水道水などの検査、分析調査を行っています。

関連規制について

対象 工場排水・下水・浄化槽放流水・ゴルフ場排水など
関連規制等

・水質汚濁防止法の排水基準の検査

・ゴルフ場で使用される農薬に係る暫定指導指針に基づく検査
(検査項目については以下の表を参照)

・廃棄物最終処分場の水質検査

水質汚濁防止法で定められた排水基準(有害物質に関する項目)

項目名 許容限度(㎎/L)
カドミウム及びその化合物(Cd) 0.1
シアン化合物(CN) 1
有機リン化合物(Org-p) 1
パラチオン、メチルパラトン
メチルジメトン及びEPN
鉛及びその化合物(Pb) 0.1
六価クロム化合物(Cr6+) 0.5
砒素及びその化合物(As) 0.1
水銀及びアルキル水銀 0.005
その他の水銀化合物(T-Hg)
アルキル水銀化合物 検出されないこと
PCB 0.003
ジクロロメタン 0.2
四塩化炭素 0.02
1,2-ジクロロエタン 0.04
1,1-ジクロロエチレン 0.2
シス-1,2-ジクロロエチレン 0.4
1,1,1-トリクロロエタン 3
1,1,2-トリクロロエタン 0.06
トリクロロエチレン 0.3
1,3-ジクロロプロペン 0.02
チウラム 0.06
シマジン 0.03
チオベンカルブ 0.2
ベンゼン 0.1
セレン 0.1
ほう素 10
フッ素 8
アンモニア、アンモニア化合物 亜硝酸化合物及び硝酸化合物 100
項目名 基準値
水素イオン濃度(pH) 5.8以上8.6以下
(海域5.0以上9.0以下)
生物化学的酸素要求量(BOD) 160㎎/L
(日間平均120㎎/L)
化学的酸素要求量(COD) 160㎎/L
(日間平均120㎎/L)
浮遊物質量(SS) 200㎎/L
(日間平均150㎎/L)
ノルマルヘキサン抽出物質含有量
  ・鉱油類含有量 5㎎/L
  ・動植物油脂類含有量 30㎎/L
フェノール類含有量 5㎎/L
銅含有量(Cu) 3㎎/L
亜鉛含有量(Zn) 2㎎/L
溶解性鉄含有量(Fe) 10㎎/L
溶解性マンガン含有量(Mn) 10㎎/L
クロム含有量(T-Cr) 2㎎/L
大腸菌群数 日間平均3,000個/ml
窒素含有量(T-N) 120㎎/L
(日間平均60㎎/L)
リン含有量(T-P) 16㎎/L
(日間平均8㎎/L)

 

ゴルフ場で使用される農薬の検査項目

※下記以外の農薬分析も行っていますのでご相談下さい。

ゴルフ場で使用される農薬の検査項目①
種類 農薬成分名


アセフェート
イソサキチオン
イソフェンホス
エトフェンプロックス
クロルピリホス
ダイアジノン
チオジカルブ
トリクロルホン(DEP)
フェニトロチオン(MEP)
ピリダフェンチオン


アシュラム
ジチオピル
シデュロン
シマジン(CAT)
トリクロピル
ナプロパミド
ハロスルフロンメチル
ブタミホス
フラザスルフロン
プロピザミド
ベンスリド(SAP)
ペンディメタリン
テルブカルブ(MBPMC)
ベンフルラリン(ベスロジン)
メコプロップ(MCPP)
メチルダイムロン
ピリブチカルブ
ゴルフ場で使用される農薬の検査項目②
種類 農薬成分名


アゾキシストロビン
イソプロチオラン
イプロジオン
イミノクタジン酢酸塩
オキシン銅(有機銅)
キャプタン
クロロタロニル(TPN)
チウラム(チラム)
トルクロホスメチル
フルトラニル
プロピコナゾール
ペンシクロン
ホセチル
ポリカーバメート
メプロニル
エトリジアゾール(エクロメゾール)
クロロネブ
メタラキシル