衛生検査

検便検査の様子

腸内細菌検査は、症状が出ていない場合でも食中毒等の原因となる細菌を保有(保菌)している場合があるため、早期発見し、保菌者からの二次感染を未然に防止する意味で不可欠な検査です。定期的に検査を行い、食中毒発生のリスクを提言させる安心安全な衛生管理が求められています。

検査対象者

・飲食店、旅館、食品製造販売業食品を扱う業務に従事する方
・学校、保育園、保育所、病院などの集団給食業務に従事する方
・水道事業に従事する方
・介護施設、デイサービス、特別老人ホームなどで調理などに携わる方

参考
「大量調理施設衛生管理マニュアル」(厚生労働省)においては、大量調理施設の調理従事者などは月に1回以上の検便を受けること。検便検査には、腸管出血性大腸菌の検査を含めること。また、必要に応じて10月から3月にはノロウイルスの検査を含めることが望ましいこと」と記載されています。

「学校給食衛生管理の基準」(文部科学省。一部改訂:平成20年7月)には、学校給食従事者の健康管理として、「検便は、月2回以上実施されていること」と記載されています。

検便検査(食中毒菌)

調理者、介護士、保育士が食中毒菌を持っていないことを確かめるための検査です。便中のO157、O111、O26、サルモネラ、赤痢、腸炎ビブリオ、ノロウイルスの検査が可能です。
 

もっと詳しく

ノロウイルス検査

PCR検査 検便検査 ノロウイルス検査高感度のRT-PCR法による検査を行っております。
 

もっと詳しく

オンライン申し込み

PCR検査 検便検査 ノロウイルス検査弊社ではオンライン申し込みによる検査も行っております。近くに検査ができるところがない方、業務が忙しいので効率的に検査を実施したい方など是非ご検討ください。

環境未来WEBへ

 

お気軽にお問い合わせください


0263-88-3911
受付時間
平日 9:00~17:00

フォーム問合せ
受付時間
24時間受付