検便(腸内細菌検査)の定期検査は必要ですか?義務のある施設は?

毎月検査は必要ですか? ・学校給食の調理に従事する方は、毎月2回以上検査する必要があります(学校給食衛生管理基準)。 ・大量調理施設(食品製造施設など)は毎月検査する必要があります(大量調理マニュアルマニュアル)。 ※同一メニューを1回300食以上または1日750食以上を提供する調理施設に適用されます(2017年3月現在) ・その他、条例や保健所により検便が義務付けられている場合があります。自治体や管轄の保健所にご確認ください。...

環境未来のコンテンツ

インドネシアのタンジュンプラ国立大学の学長・教授ご一行が来訪されました。 水質検査・飲料水検査・井戸水検査オンライン検査 環境未来のコンテンツ クリプトスポリジウムの対策指針について 水道GLP(水道水質検査優良試験所規範)の認定を更新しました。 容器キットや検体が届く日数 検便(腸内細菌検査)の定期検査は必要ですか?義務のある施設は? 環境未来のコンテンツ 容器キットや検体が届く日数 鶏のひき肉(ミンチ肉)のサルモネラ汚染にご注意ください。 検便検査「陽性者」の対応について(O157、サルモネラ、ノロウイルス)...

山梨検査センターが温泉成分分析施設に登録されました。

この度、弊社の山梨検査センター(山梨県中央市流通団地1丁目6番1号)が平成29年2月24日付けで温泉成分分析施設に登録されましたので、ご報告いたします。温泉法第19条第3項の規定に基づく登録となります。 温泉法とは 温泉法は、温泉の保護や温泉の利用の適正のために制定されている法律です。 湧出する水を温泉として登録するには(温泉成分分析)...

危険なレジオネラの検査、感染経路、対策なども解説。

「24時間風呂を長く使っているが、レジオネラが心配」、「温泉施設を管理しているが、レジオネラが陽性になった場合の対策を知りたい」など、レジオネラ検査のニーズは生活のあらゆるシーンで高まっています。レジオネラは国内で毎年60名近くが亡くなっており、O157に並び、危険な病原菌として認知されるようになりました。 ここでは、管理業者様に限らず、広く一般家庭の方にも向けて、危険なレジオネラ菌の症状から検査、対策を解説しています。施設管理やご家庭のお風呂の管理にぜひお役立てください。 発症者の死亡率は15~30%。レジオネラという危険な菌...