トリハロメタンって何?発がん性や総トリハロメタンとの違いを解説

トリハロメタンをご存知ですか?水道水を作る工程で生成されることが分かっていますが、その一部はヒトに対して発がん性などの有害性が指摘されています。そのため、水道法で基準値が設けられています。 ここでは、私たちの飲み水に身近な『トリハロメタン』について、その毒性や生成のされ方、抑制方法を解説します。   検査2課 相川 採用ページのインタビューで相川さんの詳しい経歴が分かります!     トリハロメタンって?...

硬水と軟水の違いって何?それぞれのメリットとデメリット。使い分けと飲み分けを解説。

「この水は硬い」「この水は軟らかい」 こんな言葉を聞いたことがあると思います。これは水の硬度によるもので、いわゆる硬水、軟水のことを指しています。ここでは、硬水と軟水の違いや使い分け、それぞれ用途やメリットとデメリットを解説します。   検査2課 岩波 「上水、水道水の硬度を測っています」   硬水、軟水の違い。硬度。 硬水、軟水はマグネシウムイオンとカルシウムイオンの含有量で決まります。これを硬度と呼び、硬度の値によって硬水か軟水か決まります。     硬度とは...

【51項目水質検査セット】なぜ水道法以外のシーンでも多く用いられるのですか?

わたしたちが毎日飲む水は安全な水質でなければいけません。その水質を調べる水質検査セットにはいろいろありますが、その中でも最も多くの検査項目を調べるセットである51項目検査セットについて解説します。 51項目検査は水道法に使われているセットですが、法的なシーン以外でも広く用いられています。たとえば飲食店で使う飲料水、庭の井戸水、ウォーターサーバーで提供する水の検査などです。 ではなぜ、これらのシーンで広く用いられるか、検査会社が解説します。 51項目料金問い合わせフォーム...

インドネシアのタンジュンプラ国立大学の学長・教授ご一行が来訪されました。

2018年9月5日(水)、インドネシアのタンジュンプラ国立大学の学長ご一行が弊社の本社総合検査センターを来訪され、環境未来の業務説明や検査室見学、意見交換を行いました。 タンジュンプラ国立大学(インドネシア)の視察団が来社 タンジュンプラ国立大学(Tanjungpura University)のThamrin Usman学長、Radian MS農学部長、農業大学校長ご一行が視察のため弊社本社(松本市和田)に来訪されました。...

水質検査・水質分析・飲料水検査・井戸水検査

  水質検査のご案内   水質検査キットの特徴   水質分析・水質検査キット商品の一覧・料金 ご注文前にご確認ください 「水道法」に基づく検査、専用水道設置者様や水道事業者様からの水質検査のご依頼は誠に恐れ入りますが、お受けできません。別途、対応可能な場合もございますので、一度お電話にてご相談ください(0263-31-5655)。   11項目検査セット 12,000円(税別) 消毒副生成物セット 65,000円(税別) 13項目検査セット 18,500円(税別) 16項目検査セット...

環境未来のコンテンツ

トリハロメタンって何?発がん性や総トリハロメタンとの違いを解説 硬水と軟水の違いって何?それぞれのメリットとデメリット。使い分けと飲み分けを解説。 【51項目水質検査セット】なぜ水道法以外のシーンでも多く用いられるのですか? インドネシアのタンジュンプラ国立大学の学長・教授ご一行が来訪されました。 水質検査・水質分析・飲料水検査・井戸水検査 環境未来のコンテンツ クリプトスポリジウムはなぜ水道水から検出されることがあるか? 水道GLP(水道水質検査優良試験所規範)の認定を更新しました。 容器キットや検体が届く日数...